生命の不思議


京都市北区 鞍馬口 OSTEOPATHY and PILATES RK(オステオパシー&ピラティスアルケー)

爲澤健太です。

前回は自然治癒力についてお伝えしました。(前回の記事はこちらから。)

今日は自然治癒力を持つ生き物と、生き物ではないもの(死んでいるもの)を分ける

生命力について考えたいと思います。

オステオパシーの創始者であるA.T.Stillは、

生きた人間と、死んだ人間の違いは何かと考えていました。

Stillはこう考えました。

生きている人間は、呼吸をしている(肺や胸郭が動く)。

顔色も良いし、体温もある(血液の動き)。

反射や随意的な動きがある。

生きているものには動きがあると考えました。

そこで、死体(物質)に、動き(機能)を持たせると生命を活性化できると考えました。

しかし、それだけではどうしても生き物を定義することができません。

物質と機能だけでは、機械と変わりないですもんね。

Stillは、物質と機能に命を持たせるものとして、Spiritを物質と機能の上に置きました。

StillはSpiritを“偉大なる建築家”“偉大なる創始者”と呼びましたが、Spiritをどのように呼び、どう捉えるかは人によって変わってくると思います。

“人間を人間たらしめている。あるいは自然を統括している不思議な力”だと思ってもらうと良いと思います。

なぜ肝臓はその位置で形で、肝臓としてのの機能をもっているのか。

なぜ赤ちゃんは誰にも教えてもらうことなく、食べたり飲んだり、排泄したりできるのか。

そんなのDNAがあるからだ!と言われるかもしれません。

ではなぜそのDNAはそのように働くのでしょうか?

なかなか科学では解明できないものかもしれません。

実際科学が私たち人間をどのくらい解明したのかといえば、せいぜい10パーセントほどではないでしょうか。

しかし、科学で解明できていなくても、

何か不思議な、大きな力が働いていることは確かです。

そしてその力を私たちは皆利用することができます。

自分で意識しなくても、必要な場所に赤血球は酸素を届けてくれます。

自分で意識しなくても、白血球はウイルスと戦ってくれます。

自分で意識しなくても、損傷した組織は治っていきます。

誰しもが無意識にこの力を利用しています。

西洋医学にしろ東洋医学にしろ、その他の整体やヒーリングにしろ、

何かを受けたことで治るということはありません。

どれも治るきっかけを与えるだけです。

それを受けて、あなた自身の身体が治る力を発揮してくれて、

はじめて治癒が起こります。

あなたの身体を治せるのはあなただけです。

どんなに身体が歪んでいようと、どんなに運動不足でも、どんなに歳をとっていても、

身体はいつも治ろうとしてくれています。

これは本当にすごいことです。

自分の身体を労いたいと思いませんか?


最新記事

すべて表示

© 2017  Osteopathy and Pilates RK

  • RK(アルケー) - Facebook page
  • RK(アルケー) - Instagram

​予約制

10:00~19:00(最終受付)

日曜+不定休

​京都市北区紫野宮東町10-7  101