インフルエンザにかからないために


最近インフルエンザが

猛威を振るっているそう。

テレビをつけるとよく

インフルエンザについての特集をしています。

ある朝の番組で

インフルエンザワクチンについてやっていました。

ワクチンを打つか打たないか。

打ってもかかっている人がいるが...

悪い影響が出るのでは。

アレルギーがあっても打っても良いのか。

このような内容でした。

まずインフルエンザのワクチンは、

不活化ワクチンと言って、

死んだウィルスを使うので、

身体の中で増殖することもなく、

ワクチンが原因でインフルエンザにかかることはないのだそう。

そして打つことで悪影響が出るというのは、

科学的な見地からそういうことを言ってる人は少ないとのこと。

そしてそして、

アレルギーが起こることは今はほとんどないから、

皆さんワクチンを打ちましょう。

あなたがかからないだけでなく、

ワクチンを打てない高齢者などに、

うつさないという意味があると。

ウィルスをばらまかない責任があると。

そこまで言われると、

聞いてみたくなるのだが...

ワクチンのウィルスは死んでいるから

というのなら、

ワクチンを打てない人って

どういう人なのか。

ワクチンに害がないなら、

だれでも打てるのでは?

科学的な見地からっていうけど、

科学的にわかってることって、

この世界の何パーセントぐらいだろう?

せいぜい短期的な影響くらいしか、

考えてないのでは?

番組の中で、

ワクチンを打っていても

インフルエンザにかかるのは、

型がちがうものにかかる

ウィルスを吸い込む量が多い

と言っていたけど、

型が違うからかかるなら、

ワクチンは当てっこになってしまう。

ウィルスを吸い込む量が多いって、

身体の中で増殖するのが問題ではなかったのか...

ワクチンを打っても打たなくても、

正直どちらでも良いと思うのだけれど、

結局は免疫がはたらける

身体の状態になっているかどうか。

大事なのはこれだけのことだと思う。

いくらワクチンを打っていても、

免疫が低下している状態では意味がない。

免疫力が落ちないように、

身体の調子を整えておく。

それがウィルスを広めない

責任なのではないか。

ワクチン毎年打ってるけど、

毎年かかるんです~

って言ってる場合ではない。

ワクチン云々よりも、

自分の身体を整えておくこと。

あとはインフルエンザに限らず、

身体の調子が悪いときは、

遠慮なく休めるような社会の雰囲気を作ること。

そういうことの方が大事だと思う。

ワクチンのついでに。

風疹のことも最近テレビでやっているけど、

他人にワクチンを強要するよりも、

身体の調子を整えて、

免疫力が落ちないようにしましょうと

啓蒙する方が良いのでは?

個人的にはワクチンを打たないことを責めるよりも、

仮に障害を持って産まれたとしても、

不自由しない社会を作る方に

注力していきたいと思う。

いつ自分が障害を持つかもわからないし。

今後新しい感染症が出ないとも限らない。

話は脱線しましたが...

身体の調子を整えるのに、

食事を見直したり、運動したり。

しっかり睡眠をとったり。

オステオパシーを受けたり、

ピラティスをしたり。

方法は山ほどあるんだろうな~


最新記事

すべて表示

© 2017  Osteopathy and Pilates RK

  • RK(アルケー) - Facebook page
  • RK(アルケー) - Instagram

​予約制

10:00~19:00(最終受付)

日曜+不定休

​京都市北区紫野宮東町10-7  101