私たちのお産2 -場所決定+初受診-


身体の変化に気づいて2週間ほど、

そろそろ検査薬で確認が出来るころだな…と。

映画やテレビで観るシーンと同じ感じをイメージして。

ワクワクドキドキ

結果、陽性の表示。

おぉ~!!!!

確定診断にはならないけれど

やはり何かしらの形で確認できるとすごく嬉しくてホッとする。

ますます、お産のプロたちに

「生命が宿っているよ」と早く確認してもらいたい!

ってことは、早くどこでお産をするか決めないと~。。。

(一回診てもらったら、そこでお産をしないといけないと思い込んでいた)

連日仕事終わりにふたりで

お産の場所探し。

…結局、近くの産婦人科医院の中で

雰囲気が良さそうに感じたところに行くことに。

(散々、いろんなことを言っておきながら

雰囲気で選びました…(笑))

ふたりの仕事を調整して、一緒に行ける日を確保。

初受診の日の朝はやはりドキドキしていつもより早起き。

受付で初受診の旨を伝えると

テキパキと受付さんが対応してくださった。

パートナー健太も一緒に診察室に入れるか?との質問は、

「一緒に入れますよ~」とのこと。

順番が来て…

「ご主人はこちらでお待ちください。」

私一人で案内された部屋は内診室。

薄暗い部屋で下着を脱いでバスタオルを巻き、

診察台に座るように指示される。

お腹のあたりまでカーテンで仕切られ、

その向こうで看護師さんたちが動いている音が聞こえる。

ウヴィ~ン。

診察台が倒れて、映画・テレビでよく診るあの状態に。

簡単な先生の紹介の後、右手にあるモニターを見てね、と。

「経膣エコーで診てみますね」

「あ、これ見える?」

「赤ちゃんいるね。おめでとう~」

私「ありがとうございます」

…あれ、パートナーと一緒に初めての瞬間を…

「じゃあ、診察室に移ってね。」

私「あ、はい。」

「じゃあ、ご主人も一緒に診察室にどうぞ。」

…そうか、診察室に一緒に入れるかって、ワタシハ聞いた…しまった(笑)

「今サイズ的に7週目くらいだと思うから、来週また来てね。」

喜び溢れる瞬間!!!!

をイメージして行ったものの。

さら~っと流れた時間。

帰り道ふたりして

「うん。病院って感じだね」

…決して対応が悪いと言いたいわけではなく、

淡々と仕事をされているな、という。

私たちも病院勤務経験があったので、

「まぁ、そうだよね…」

家に帰ってから

まずはふたりだけで喜びを分かち合いました。

つづく…


最新記事

すべて表示

© 2017  Osteopathy and Pilates RK

  • RK(アルケー) - Facebook page
  • RK(アルケー) - Instagram

​予約制

10:00~19:00(最終受付)

日曜+不定休

​京都市北区紫野宮東町10-7  101