私たちのお産


いつもブログは、パートナーの健太が担当してくれていますが、

今日は玲子が綴ります。

唐突ですが、

私はこの春、自宅で娘を出産しました。

運命的とも言える助産師さんとの出会いによって

私たち家族のお産はかけがえのない素敵な時間になりました。

今回のお産を通して感じたことは何時間あっても語りつくせない。

(思い出すだけで顔がニヤケちゃいます)

こんなお産を体験する方がたくさん増えていってほしい…

こんな助産師さんがいることを知ってほしい…

日々、もの凄いスピードで成長する娘を見つめつつ、

まずはブログで発信していこう!と

思い立ってから早、幾月…子育てとはたくさんの予想外の連続。

あっという間に1日が過ぎ、9月になっていました(笑)

・「自宅で産む」ことを選んだ理由と実際にお産をしてどうだったか

・「痛くて、怖くて、大変な」お産ではなく、

 ワクワク・ドキドキしながらお産を楽しむことができたのはなぜか

この辺りにポイントを置いて書いてみようかと…

私の個人的な感想ではありますが、

RKのブログでパートナーの健太がよく綴っている

自分で「選ぶ」

理屈ではなく「感じる」

と共通する部分がたくさんあるので、

お産についてどのようにパートナーと選び、

どのように感じたかをぼちぼちマイペースに綴っていこうと思います。

「へー、こんな選択もあるんだなー。」と知ってもらえることで、

比べることができるようになると思うし、

比べていくうちに「自分がどうしたいのか」ということが

明確になっていくと思うんです。

そうやって、在り方だったり、付き合い方だったり、

日々の営みを見つめ直し、大切にするきっかけになればな…と思っています。

お産に携わる人、

これからお産に臨む人、

この先お産をしたいと思っている人、

まだ先はわからないけれど興味がある人、

お産を経験した人(「産んだ」だけじゃなく

傍にいたパートナーや家族、兄弟、姉妹、友人…)

…この世界に産まれた時点でお産を経験しているので、要は全員ですね(笑)

に、読んでいただきたい。

そして皆さんのお産をそれぞれ大切にして、

愛する人たちに伝えて自分も相手も大切で

かけがえのない存在であると実感して生きてほしい。

そう、”愛”ですね。”愛”大切です。。。

昨日”愛”に溢れる方とお会いしてお話を聞き、

ハグをしたので”愛”がブームです(笑)

えー、初回は短めに「書き始めます~」の告知だけの

つもりだったのに長くなっちゃいました。

「これ聞きたいんやけど…」とか、思いついた方は気軽に連絡してください。

RK2015.tkr@gmail.com


最新記事

すべて表示

© 2017  Osteopathy and Pilates RK

  • RK(アルケー) - Facebook page
  • RK(アルケー) - Instagram

​予約制

10:00~19:00(最終受付)

日曜+不定休

​京都市北区紫野宮東町10-7  101