治る力は自分の身体の中に


今は何かと言うと、病院に行く人が多い。

それだけお医者さんに対する信頼が篤いのだろうけど、

その信頼を少しでも自分の身体に向けてみてはと思う。

繰り返しこのブログでも書いてはいるけれど、

人には自分の力で自分を治そうとする力がある。

むしろ極端に言えば、

自分以外に自分を治せる人はいないとも言える。

薬を飲もうと、手術を受けようと、

自分自身に治す力がないとすれば、

やはり治るということはない。

また極端なことを言えば、

死んだ人の傷口を、縫い付けたとしても、

糸を抜いてしまえば、傷はそのままだ。

でも生きた人であれば傷は塞がっている。

同じようにお医者さんに縫ってもらっても、

死んだ人と、生きた人では、

結果がまるで違う。

手術は何かを治すために、わざわざもうひとつ怪我を負うこと。

つまり手術の傷は自然に治る力を頼りにしている。

薬も同じことで、

薬には症状を抑えることしかできない。

症状を抑えたとしても、

自分の身体の防御機構がはたらかないことには、

根本的な治癒にはならない。

生活習慣病なんかの薬も同じ事。

いくら薬で数値を抑えても、

食事や栄養、睡眠など、

自分の生活を省みないと意味はない。

病院に通っているから、

整体に通っているから、

先生が何とかしてくれる。

先生はなんとか助けになればと、

一生懸命になってくれるだろう。

でもそれだけ。

最後は自分の治る力に頼るしかない。

先生は助けにはなってくれる。

でも一番活躍するのは、自分の身体。

この考え方はとても大事。

まずは自分の身体に対する信頼を取り戻すこと。

これはうちの娘の写真。

寝る前に撮ったもの。

首が赤くなっているのがわかる。

これは翌朝すぐに撮ったもの。

赤みはほとんどなくなっている。

何をしたのかというと、

実は何もしていない。

ただ寝て、起きただけ。

うらやましいほどの治癒力。

顔をひっかいてできた傷なんかも、

一日あればすっかりきれいになっている。

人は本来このような力を持っている。

持っているのに使わなくなったり、使えなくなったり。

施術なり、なんなりで、介入できるのは、

この治癒力がはたらけるように助けることだけ。

あなたの不調を取り去ってくれる

ゴッドハンドやスーパードクターをいくら探したとしても

絶対に見つかりません。

繰り返しになりますが、

人が外からできるのは、サポートするだけであり、

治すのはあなた自身だからです。

自分自身の力を信じることができたなら、

病院や治療院などとの関わり方も変わります。

自分の身体との関わり方も見えてきます。

そうなると今までとは違った健康の形が見えてくると思います。

病院で検査する数値や

健康のためならなんでもできるという姿勢。

これが本当に健康でしょうか。

RKで提供している

オステオパシー、ピラティス、アーシング、

どれも自分の身体に対する信頼を

取り戻そうとする作業でもあります。

少しの変化でも、身体は大きく変わります。

それだけの力を身体は持っています。

それを実感してほしいんです。

それが今抱えている不調や不安を

解消するだけではなく、

将来にわたっての健康を考え、

自分自身と向き合うことに繋がると思っています。


© 2017  Osteopathy and Pilates RK

  • RK(アルケー) - Facebook page
  • RK(アルケー) - Instagram

​予約制

10:00~19:00(最終受付)

日曜+不定休

​京都市北区紫野宮東町10-7  101