top of page

自身を見直す契機に


まず昨日の大阪での地震に遭われた方にお見舞い申し上げます。

我が家もかなり強く揺れました。

ちょうど洗濯物を干しているときでした。

そのとき妻と娘は2階にいました。

もし自分か彼女たちになにかあったと考えると

ゾッとします。

年齢や性別、人種そんなものはなんの関係もなく、

ふとした瞬間に命の危険にさらされる。

地震が起きた時に移動するのか、

じっと留まるのか。

右によけるのか、左によけるのか。

一瞬の選択を迫られる。

選択したとしても身体が動くのか。

動かいないことが選択なのか。

多くの人は今日死ぬかもしれないなんて考えていない。

でも災害があると必ず死と向き合うことになる。

こんなことで死ぬなら、

なんのために生きてきたのか。

漫然と生きていることに疑問が出てくる。

後悔しないために何ができるのか。

「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。」

「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」

僕はできるだけこのように生きたいと願っている。

今いる地点は常に道の途中であり、かつ最終地点でもある。

最近は健康に対する社会の関心が高い。

テレビをつければ健康番組がない日はないだろう。

健康診断を受けていれば健康的。

健康のために毎日○○というサプリを飲んでます。

健康ってなんなのか。

健康のためなら死ねるって

冗談みたいに言っているけど。

今死んだとしても本当に悔いはないのか。


最新記事

すべて表示

身体との対話

身体との対話を取り戻すことをおすすめしている理由

Take care of yourself

日々、目まぐるしく変化する。 変化の波が早過ぎるからなのか、自分自身に無関心だからなのか、ある時点の状態が好ましくない場合、得てして原因や責任を外に求めがちだ。 けれど、本当にそうだろうか。 時に直視することが嫌になることもある。 表出した状態、感覚、感情を受け容れ難いこともある。 どんなに否定しても、起きた事実は「そこに在る」 起きた事実を否定する時間を持つことも悪くはない。 そういった時間を過

bottom of page