腸でアレルギー改善?


今日はNHKの「人体」シリーズの腸について。

恥ずかしながら、

録画し忘れて、再放送にて見ました💦

内容は腸は免疫やアレルギーに関連しているというもの。

腸内フローラというものが注目を浴びていますので、

聞いたことがある方も多いかと思います。

腸の中には腸内細菌と呼ばれる菌がいて、

その数はなんと100兆個。

ヒトの細胞の数が60兆個。(最近は38兆個?と言われてるとか…)

なので、自分の細胞より腸の中の細菌の方が多いことになります。

それがどうのように免疫と関わるのかというと、

細菌を腸の中に取り込み、

免疫細胞に敵であると認識させることで、

免疫を高めているそうです。

そして、気になるアレルギーとの関連はですが、

そもそもアレルギーは免疫系の暴走であり、

免疫にブレーキをかける、Tレグという細胞のはたらきが悪くなっている

ということです。

ブレーキが効かない=免疫が暴走するということですね。

そしてTレグを作るのに一役買っているのが、

腸内細菌の一つであるクリストリジウム菌だそうです。

このように腸でできた免疫や、ブレーキ役のTレグは、

血流によって全身に運ばれます。

腸と免疫、アレルギー。

一見すると関係ないように思えるのですが、

このような感じでつながりがあるようです。

ではどのように腸をケアすればよいか…

やはり腸に出入りする血管や神経の流れを妨げないこと。

血流が十分でなければ、

免疫が訓練を受ける場所に辿りつくこともできません。

腸に十分に血流を届ける。

これはオステオパシーが担える部分です。

他の整体ではなかなか内臓まで扱うことはありません。

そして何より食事が大事であることは言うまでもありません。

番組の中では食物繊維を多く取ることがすすめられていました。

それも大切ではあると思うのですが、

同じ番組内で出ていた

全身に強いアレルギー症状のある体操選手は、

ほとんどブロッコリーしか食べていないということ…

なにか他の要因によるのではないかという思いがします。

個人的な考えでは、

農薬や添加物など、人工的なものによっても

影響を受けているんじゃないかと思っています。

日々施術している中で、

腸が硬い方はとても多いように思います。

こうなるとアレルギーだけでなく、

腰痛なんかも起きることが多いです。

アレルギーや腰痛でお悩みの方、

一度オステオパシーで身体のケアをお薦めします。

次回はガッテンでも食物アレルギーについて放送していたので、

それについて書こうと思います。


最新記事

すべて表示

バイタリティを高めるのは?

コロナで有名人が亡くなられている。 乳癌を患われていたそうだ。 乳癌の治療を受けていたことが、 コロナで重症化してしまった原因ではない とテレビで医者は語っていた。 今書きたいことは、1つ。 今の西洋医学は バイタリティ(生命力)を上げる治療ではない ということ。 乳癌を患うということは、 身体のどこかに正常にはたらけなった部位があり、 その結果として起こったひずみが また原因となって... 繰り

© 2017  Osteopathy and Pilates RK

  • RK(アルケー) - Facebook page
  • RK(アルケー) - Instagram

​予約制

10:00~19:00(最終受付)

日曜+不定休

​京都市北区紫野宮東町10-7  101