視点を変えてみる


京都市北区 鞍馬口 OSTEOPATHY and PILATES RK(オステオパシー&ピラティス アルケー)

爲澤健太です。

いつもいつも痛みにばかり目を向ける方がおられます。

あれをすると痛い。

こうすると痛い。

かなり不思議な動きをして

「まだこうすると痛い」

と教えてくれる方もおられます。

ここで思うことは、

普段生活しているときも、

痛みばかりに気を取られていませんか?

ということです。

痛みのことばかりを考えていると、

脳は痛みに関わることばかりを探してしまいます。

痛みに対してばっちり周波数が合ってしまったような感じ。

痛みが何においても先に来るので、

こんなにいろいろしているのに痛い。

少し良くなってきても、

まだまだ痛みが残っている。

というように考えがちになります。

ある引き寄せの本を読んでいた時に、(タイトルは忘れました💦)

今から24時間以内に、(3日以内だったか…)

黄色い車を10台見つけなさいという課題が出ていました。

確かに黄色い車なんてそんなに見ることはないなー

と思っていたんですが、

それを注意深く見ていると、

意外と黄色い車って見つかるものなんです。

そしてそして、

今でもなんとなくですが、

黄色い車に自然と目が行くことに気づく時があります。

つまり、

意図的にあるものを探すと、

意図していないときよりも目につくし、

それが癖づけば、効果は持続するんですね。

だから、痛みにばかり目を向けていると、

痛みに対して反応しやすくなります。

逆に、

意図的に、少しでも良くなっている方に目を向けるようにすると、

やはり、良くなっていることに気づきやすくなります。

たとえ同じ治療をしていたとしても、

どちらがより効果的か。

考えなくてもわかるのではないでしょうか。

自分の身体に目を向けることは大切ですが、

悪い方ではなく、なるべく良い方をみましょう!


最新記事

すべて表示

世の中にはすぐに効果が出るものと、 だんだん効果が出てくるものがある。 もちろん、すぐに効果が出ることはいい事だけど、 案外持続性がなかったりする。 一方、だんだん効果が出るものは、 その場では効果が感じにくくても、 一度効果が出始めるとそれは長いこと続く。 薬や手術なんかは即効性。 体質改善と言われるものは漸次性。 どちらが良いかと言われたら、 やはり長い時間をかけて身体が着実に変わって行くほう