腰痛に対して腰痛対策よりもするべきこと


京都市北区 鞍馬口 OSTEOPATHY and PILATES RK(オステオパシー&ピラティス アルケー)

爲澤健太です。

前回のブログで、

スペックを上げることが大事じゃないかと言うことを書いたのですが、

その補足を。(前回の記事はこちらから)

腰痛に対して、腰痛対策を行うとします。

腰痛対策は体操でも、食事内容を気にかけるでも、認知行動療法でもなんでもかまいません。

腰痛がなくなれば良いと思ってやるわけですが、

この時によく起こることとして、

腰は良くなったけど、肩がしんどくなってきたということがあります。

これは本当によくあります。

こっちは良くなったけど、あっちがしんどくなった…

これに対して、多くの病院や接骨院では、

「今までも肩のしんどさはあったんですよ。

でも、腰の方がしんどかったから、肩は気にならなかっただけですよ。」

という説明が本当によくよくされています。。。

ですが、

それは身体全体を診ないで、

患部ばかり診てるからやろ!!

と、言いたくなります。

では、簡単に、筋膜という組織に注目すれば、

どう考えられるか…

身体のある部位に捻じれ、歪み、硬さなんかが出てしまうと、

身体に対する影響を少なくするために、

他の部位が歪んだり、捻じれたりして補正しようと試みます。

そうやって補正を繰り返したり、

また新しいオリジナルの捻じれや歪みに対応したりするうちに、

ある部位にいろいろな部位からの

捻じれてしまったテンションが集まってきます。

そのテンションが集まった部位が腰なら腰痛になったり

肩なら肩凝りになったりします。

そこで、腰痛対策なり、治療なり、

腰に対して行ったとしましょう。

腰に集まったテンションだけ開放しても、

他の部位の捻じれや歪みが残っているので、

今度は肩にテンションが集まるかもしれません。

そうすると腰はよくなったけど、

今度は肩が痛くなったという現象の出来上がりですね!

ここで言いたいのが身体のスペックを上げるということです。

腰痛に対して治療するよりも、オリジナルの捻じれや歪みを整える。

そうすると、腰に来ているテンションを緩めることができるし、

次に肩に行くことも防ぐことができます。

腰痛にならない動きをマスターするよりも、

様々な場面で、効率よく、きれいな動きができるようになる方が理想的ではないですか?

スペックと格好良く言っていますが、

要は、

身体の持つ機能を最大限発揮できるようにしましょう

ということです。

オステオパシーもピラティスも

ひとことで言うなら

身体の機能を最大限発揮できるようにすることです。

スペックを高めておけば、

何かをインプットするのも、アウトプットするのも

容易になると思いませんか?


最新記事

すべて表示

© 2017  Osteopathy and Pilates RK

  • RK(アルケー) - Facebook page
  • RK(アルケー) - Instagram

​予約制

10:00~19:00(最終受付)

日曜+不定休

​京都市北区紫野宮東町10-7  101