top of page

複数の症状に対処するには

相変わらずのコロナ騒動。

医療を逼迫し始めて、 

薬が足りなくなっているとか。



症状が多岐にわたり、

全てに対処するには、

薬の量が足りないらしい。


これだけでも今の医療は

病気を治すためにあるのではないことがよくわかる。


コロナに限らずこういうことはよくある。

例えば、

膝が痛い。

血圧が高い。

便秘気味。


こういうときに1つ1つの症状に対して

薬を出す。

薬を飲むと副作用があるため、

新しい症状が出る。


その新しい症状に対して薬を出す。

この繰り返しで薬の量はどんどん増える。



これに対してオステオパシーは

なぜこれらの症状が引き起こされるのか、

その原因を追求する。


オステオパシーの哲学は、

構造の異常が機能の異常を引き起こし、

やがて症状が表れる。

と考える。


どの部位に異常があり、

その異常はどこに由来しているのか。

それを繰り返し精査して、

できるだけ根本的な問題にたどり着くようにする。


薬と比べると時間がかかる。

沢山の人を一気に救うこともできない。

(薬が救いになっているかは一旦脇に置く)


それでも自分の周りの人達の力になれればと思う。




薬が足りないと嘆くよりも、

薬に頼らずにできることがあることを知るべきだろう。






最新記事

すべて表示

身体との対話

身体との対話を取り戻すことをおすすめしている理由

bottom of page