自分でできること

なかなか新型コロナウィルスが収束しそうにない。

なかなか検査もしてもらえないから、

自分がかかっているのかもわからない。

マスクを買うために列に並んで、

かかりたいのか、かかりたくないのか。

未だに感染源を特定しようとしたり、

どこどこで何人感染したとかの話ばかり。

電車のつり革を持ちたくないとか、

エレベーターのボタンを押したくないとか。

ウイルスは目に見えない。

家の中にもウイルスはいるかもしれない。

そう思うと無闇にウイルスを避けることが必要な行動なのか。

感染症に対処するためには公衆衛生と、

個人個人の免疫が大切。

でも今回のコロナウィルスでは衛生状態の良いと言われている国での感染拡大が目立つ。

個人個人の免疫が落ちているのかもしれない。

そうだとすれば、ひとりひとりが免疫を高めていくようにするべきだろう。

ウイルスも免疫も目には見えない。

どこにいるのかもわからないウイルスを恐れるのか。

ただ、感染源と思われているだけの個人、団体、場所を槍玉にあげて批判し続けるのか。

それに比べて免疫は確実に身体の中に存在している。

私たちは医療に頼りきりにならないといけない存在ではない。

最新記事

すべて表示

免疫は大丈夫ですか?

新型コロナウイルス。 最近は無症状から、 急に容態が悪くなることがあるらしい。 日本は欧米に比べて、 感染者数、重症者数、死者数、 いずれも少なくなっており、 ファクターXがあるのでは。 と言われていた。 また、重症化しやすい因子として、 高齢者と持病を持っている人が挙げられている。 もう少し丁寧に言うと、 身体にできた制限が、 身体の機能を妨げ、 やがて免疫がはたらきにくくなっていく。 高齢者や

バイタリティを高めるのは?

コロナで有名人が亡くなられている。 乳癌を患われていたそうだ。 乳癌の治療を受けていたことが、 コロナで重症化してしまった原因ではない とテレビで医者は語っていた。 今書きたいことは、1つ。 今の西洋医学は バイタリティ(生命力)を上げる治療ではない ということ。 乳癌を患うということは、 身体のどこかに正常にはたらけなった部位があり、 その結果として起こったひずみが また原因となって... 繰り